• 気温15℃以下で風邪ウィルス活発化!免疫力をあげるハーブで風邪対策を!

    by  • 2013年12月12日 • ハーブ • 0 Comments

    a0001_015441

     

    最近寒さもグッと深まってきて、
    いよいよ年末が近づいて来たという感じがします。
    風邪も流行ってきていますが、
    寒い冬を少しでも楽しく元気に過ごせるように、工夫していきたいものですね。
    それにはやっぱりハーブティーが欠かせません。
    ハーブティーを取り入れた生活で
    風邪対策もばっちりしていきましょう!

    スポンサードリンク


     

    冷えたカラダを温める

    カラダを冷やすと免疫力が下がるとわいれています。
    風邪のウィルスのほとんどが気温15℃以下になると活発になるうえ、
    人間の体温が平熱よりも1℃下がると
    病原体を倒す白血球の働きが30%落ちる
    そうです。
    つまり、気温が下がっている今の時期、
    カラダを冷やしてしまうことが速風邪をひいてしまうことにつながります。

    カラダを温めるハーブ、ジンジャー、シナモン、カモミールをはじめとする
    6種のハーブがブレンドされたハーブティー「ウォーミング」でぜひポカポカのカラダを!

     

    風邪予防にはビタミンとミネラル!

    風邪予防にはまず免疫力を高める事。
    それにはビタミンとミネラルを取り入れることが最善策です。
    ビタミンCは免疫力を高め
    ビタミンAはのどや鼻の粘膜を保護します。
    そしてミネラルは新陳代謝を促し風邪予防に最適です。

    ビタミンCの爆弾「ローズヒップ」を含む7種のハーブがブレンドされた「ディフェンス」や
    ミネラルとビタミンCがたっぷりでお肌まで美しくなる「ビューティースキン」が
    風邪対策におススメです。

     

    熱を出してしまったら、カラダは温めるより冷やしてこまめな水分補給を!

    昔から風邪をひいたらカラダを温めた方がよいといわれてきました。
    カラダを温かくすることで発汗させて熱を冷ますというわけです。
    けれども今は暖房器具がかなり発達しているので、
    熱を出した人をあたためるということは
    発汗作用のメリットよりも汗で脱水症状になってしまうリスクの方が
    実は高いのです。

    風邪をひいたり、熱を出したら、カラダを温めるよりも
    こまめな水分補給が大切です。

    ミネラルたっぷりのネトルやワイルドストロベリーなど6種のハーブがブレンドされた
    ハーブティー「ミネラルチャージ」でこまめな水分補給を!

     

     

    現在ヒレーガーデンではクリスマスプレゼント企画も実施中です。
    DTWフラワーエッセンスフォーミュラーと一緒にハーブティーをお買い上げ下さった方に
    ティータンブラーを差し上げています
    茶こしがついたタンブラーなので
    いつでもどこでも淹れたてハーブティーが楽しめますよ♪
    ぜひゲットしてくださいね。

    写真 1 (6)

     

    楽しいことがいっぱいのこのシーズン。
    風邪などひいてはもったいない!!
    ハーブティーで元気いっぱい過ごしましょう!


    スポンサードリンク

    About

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です