• 薬にたよらずに月経前症候群(PMS)を緩和する方法

    by  • 2013年5月3日 • DTWフラワーエッセンス, アンシェントメモリーオイル • 0 Comments

    a0001_013695

    女性の8割が経験するという月経前症候群(PMS)。
    生理がはじまる2週間ぐらい前(多くは1週間前)からあらわれる
    イライラしたり、精神的に不安定になったり、身体の調子がよくなかったり
    といった症状をいいます。

    排卵後に黄体ホルモンが分泌され、
    受精卵が着床しやすいように子宮内膜を厚くしていくという
    黄体期にはいるのですが、その期間にこのPMSが起るのです。

    黄体ホルモンの不安定によっておこるといわれているPMSですが、
    少しでも楽に過ごすには日常生活の中でどんなことに気をつけるとよいのでしょうか。
    そんなポイントをご紹介します。

    スポンサードリンク


    ビタミン、ミネラルを積極的にとる

    バランスのとれた食事は美容、健康の基本となります。
    あらゆる食べ物をバランスよく摂ることが大事なのですが、
    PMSを緩和するには、ビタミン、ミネラルの摂取が効果的だといわれています。
    果物、野菜、海草類、豆、まめ製品、ごま、アーモンド、落花生など
    積極的にとってみましょう。

    白い砂糖はNG

    PMSの時期は、無性に甘いものやジャンクなものが欲しくなることがあります。
    これはなぜかというと、月経前になると血糖値がとても下がりやすいからなのです。
    ここで白い砂糖がたくさんはいった甘いものや、脂っこいものをたべてはいけません。
    摂取すると急激に血糖値があがり、そしてまた急激に下がってしまいます。
    そうするとまた甘い物がほしくなる。。という負の連鎖がおこります。
    PMSの時期は特にに血糖値を下げすぎないようにしましょう。
    メンタルを安定させることにつながります。
    白砂糖の摂り過ぎは、イライラ、くよくよ、不安定の元となります。

    しっかりとよい睡眠を

    質のよい睡眠をとることでPMSの症状を緩和することができます。
    それだけ睡眠は大切です!!
    PMSの原因のひとつといわれる、女性ホルモンのバランスの乱れは
    女性ホルモンをコントロールする脳を休めてあげることで改善されます。
    脳を休める=睡眠をしっかりとる ということです。

    生理前に眠気がひどくなるという方もいるかと思います。
    これは生理前に盛んに分泌される黄体ホルモンの働きによって
    眠りが浅くなるせいなのだとか。
    こういったときは、

        お風呂にゆっくりつかって身体を芯からあたためる
        アロマで心地よい香りにつつまれてリラックスする
        暗くして静かな環境にする

    ということを実践すると深い眠りにつきやすくなります。

    PMSにはイランイランとローズの香りがオススメ

    イランイランやローズにはホルモンのバランスをとる作用があるので
    PMSの緩和に役立ちます。
    月の女神パワーで女子力をあげる「ムーンゴッデス」のアンシェントメモリーオイルには
    このイランイランとローズの精油がブレンドされています。
    とても心地よく清らかな香りがするオイル。
    ぜひ日頃から楽しんでみてくださいね。

    ホルモンバランスを整えるフラワーエッセンス「ファシネーション」も効果的

    花のエネルギーを水に転写した癒しアイテム、フラワーエッセンス。
    そのエッセンスの中でも「女性性を高める」ということに注目してつくられた「ファシネーション」には
    ホルモンバランスを整える効果があります。
    元々は、

        もっている潜在的な女性らしさを最大限ひきだす
        フェロモンレベルをアップさせる
        女性であることを楽しみながら輝けるようサポートする

    というギフトをもたらしくてくれるフラワーエッセンスとして販売されましたが、
    使っている人からは次のような声が聞こえるようになりました。

        生理周期が安定するようになった
        PMSがウソのように軽くなった
        生理痛がかなり楽になった

    私もその一人です。
    今も黄体期の時期には特に愛飲しています。

    最後に:PMSになりやすい人はこんなひと。

    ・日頃から疲れがたまっている
    ・感情を表に出さずに内に秘めている
    ・神経質
    ・負けず嫌い
    ・なかなか他人に心をひらけない
    ・風邪や病気で免疫力が低下している
    ・環境の変化があった(職場や住所など)
    ・失恋、離婚をした
    ・アルコールやたばこが好き
    ・急に忙しくなった

    あなたはあてはまりましたか?
    あてはまったら、ぜひこの記事の最初から改めて読んでみてください。
    生活の少しの改善があなたココロとカラダをよりハッピーにしてくれることでしょう。


    スポンサードリンク

    About

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です