• 風邪もインフルエンザも予防する!そしてPMSにも良い「緑茶効果」とは?

    by  • 2014年1月23日 • ハーブ • 0 Comments

    a0002_011449

     

    風邪、インフルエンザが流行る季節となりました。
    手洗いうがいを徹底して、カラダにウイルスをいれないように
    気をつけなければいけません。

    そして殺菌効果がとても高いといわれる「緑茶」を飲むこともとても効果的だといわれます。
    そんな緑茶には他にも様々な効果があります。

    スポンサードリンク


     

    緑茶にふくまれる「テアニン」でリラックス&集中力アップ!

    緑茶には「テアニン」とよばれるアミノ酸の一種が含まれています。
    お茶のうま味や甘味を引き出してくれる成分です。
    主に玉露や抹茶に多く含まれ、
    興奮を鎮めて緊張をやわらげたり、心身をリラックスさせる効果があります。
    このテアニンが脳内にはいることで、
    記憶力や集中力を高める効果もあるそうです。

     

    冷え性も改善!

    テアニンをとるとα波が増えます。そうすると脳がリラックスし、
    筋肉がゆるんで血管がひろがり血行がよくなるそうです。
    カラダの末端まで血液がよく巡り、冷え性の改善にも期待できます。

     

    ぐっすりと眠れる効果も期待できる!

    テアニンには脳の興奮をおさえて、神経を沈静化する効果があるため、
    快適な質の良い睡眠を得られる効果もあります。
    緑茶にはカフェインもふくまれていて、逆に眠れなくなるのではないかと思う方もいらっしゃると思いますが、
    テアニンがカフェインの興奮作用もおさえてくれるのです。

     

    女性の大きな悩み、PMSや更年期障害にも!

    女性のカラダの悩みにもとてもうまく働きかけてくれるテアニン。
    多くの女性がもっているといわれるPMSの症状も緩和してくれます。
    月経前特有のイライラ、憂鬱な気分、疲れやすい、むくみがでる、集中力が続かないといった症状を改善してくれます。
    そして同様に更年期障害にも効果的です。
    ほてり、イライラ、不安感といった症状を軽減してくれます。

     

    テアニン効果が最も期待できるのは「抹茶」

    テアニンの効果を期待する場合、抹茶が最も効果的だといわれます。
    湯のみ1杯にふくまれるテアニンの量は抹茶が36gと一番多く、
    続いて玉露(34g)となるそうです。

    この魅力的なテアニンがいっぱいはいった抹茶がブレンドされている
    ハーブティーもあります。
    その名も「リフレッシュグリーンティー」!
    抗菌、殺菌作用の高いラベンダーもはいっていますので
    風邪、インフルエンザ予防にぴったりのブレンドハーブティーです。

     

     

    まだまだ寒い日が続きますが、テアニンパワーで元気に過ごしましょう♪


    スポンサードリンク

    About

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です