• この世界は心の反映された世界。今あなたに起きていることに満足していますか?

    by  • 2015年4月8日 • DTWフラワーエッセンス, アンシェントメモリーオイル • 0 Comments

    スポンサードリンク


    a0830_000245

    先日、「フラワーエッセンスを物理学的視点で見てみると…
    という記事を書きました。

    波動と私たちの生活は切っても切り離せません。

    今日はこの波動についてもう少し書いていきたいと思います。

     

    思考は現実化する」という言葉はすでにとても有名な言葉ですね。
    でもこの言葉、実際は「現実は思考が結晶化したものである」ということができます。
    そしてこれをもっとわかりやすくするとこうなります。
    現実は心を映し出す鏡である

     

    今私たちの目の前で起きていることは自分自身の心が生み出しています。
    家庭で起きていること、職場で起きていること、
    全て自分の心の中が映し出された結果です。

     

    何かを変えたいと思ったら、その原因を変えるしか方法はありません。
    その原因とはすなわち自分の心です。自分の思考です。自分の波動です。
    (これらは全てイコールです)
    全ての出来事は自分の責任です。
    相手の言動が気に入らなかったり、相手を悪く思っても
    それは自分の気に入らない部分であり、悪口をいうようなものなのです。

     

    世の中のものは全て波動です。
    波動には良い波動、悪い波動、強い波動、弱い波動、長い波動、短い波動があります。

     

    船井総研の創業者である船井幸雄さんは
    波動には次の4つの性質があるといっています。

    1.同じものは引き合う(共鳴)
    2.違うものは排斥し合う(非共鳴)
    3.出したものは返ってくる(フィードバック、鏡の法則)
    4.優位の波動は、劣位の波動をコントロールできる(包み込む)

    このことからも、
    自分自身がいかに良い波動を高め、それを発信するかが重要になることがわかります。

     

    では、自分自身の波動を高めるにはいったいどうしたらよいのでしょう。

    それは「感謝すること」です。

     

    感謝は常に高い波動です。
    持たないものばかりに執着すると感謝はできません。
    持っているものに視点を向けると感謝することができます。

     

    常に感謝をしていると、その波動が引き寄せられ
    さらに感謝する出来事がやってきます。

     

    ああなりたい、こうなりたいと思うことは、実は
    自分が今その状態に達していない「不足」の状態に意識がフォーカスしていることになり、
    その心の状態が現実となってしまっているのです

    だから状況はいつまでも変えられません。

     

    戦争がこの世からなくならないのは
    「反戦運動」が行われているからです。
    戦争に反対する運動は、戦争があること前提で行われていることになります。これは戦争の存在をある意味認めていることになります。

     

    「反対するもの」や「許せないもの」を強く思おうとそれが実現してしまいます
    反戦運動がなくなり、平和運動が増えればきっと戦争はなくなるでしょう。

     

    感謝することで波動を高め、
    理想だけに目をむけて、それがすでにあると思っていること。
    これだけであなたの目の前の現実が変わっていきます

     

    感謝に勝るものはないと私は思います。
    心をどこに向けどのような状態でいるか、それが本当に大切です。

     

    そしてネガティブな波動に対し、バランスが必要なときは
    フラワーエッセンスがその手助けをしてくれます。

     

    アンシェントメモリーオイルを使うときも
    すでに理想の自分になっていることをイメージし
    それに感謝しつかうことで、より効果を高めてくれます。

     

    そして自分自身の波動が高まれば高まるほど、
    思考の現実化が早まります

     

    ぜひあなたの生活にお役立ていただければ幸いです。


    スポンサードリンク

    About

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です